• HOME
  • 上島珈琲店のこだわり 上島珈琲店の想い

上島珈琲店のこだわり

Precious Coffee Moments

上島珈琲店の想い

私たちは本当に美味しいコーヒーを心地よい空間で愉しめる、大人の為の理想の珈琲店を展開します。
時代の変化に伴い、機械で抽出されたコーヒーを手軽に飲めるようになった今、日本の喫茶文化が大切にしてきた、「手間を惜しまず、大切につくる・味わう」ことが失われつつあります。上島珈琲店はこの想いをいつまでも大切にし、多くのお客様に長く、長く愛される店づくりにこれからも務めます。

Nostalgic

大人のための珈琲店

失われつつある日本の喫茶文化を大切にした
懐かしく温かでしかしかつて何処にもなかった大人のための珈琲店

忙しい毎日の中で、やりくりしたほんのひと時の自分の時間。上島珈琲店は、価値のわかる大人のお客様に、心地よい空間で心身共にくつろぎながら、「コーヒーがもたらす豊かな瞬間(ひととき)」を体験していただきたいと考えています。

Coffee

一杯のコーヒーに、
そそいでいるもの。

喫茶店という空間で思い思いのひとときを愉しむ人々にカップの中の最後の一滴までおいしいコーヒーをお届けしたい…。
かつて喫茶店でいれられていた一杯のコーヒーには、珈琲職人のそんな想いが込められていたように思います。
古きよき喫茶店の味と空間、そして珈琲職人たちの想いを受け継ぐ上島珈琲店は、コーヒーをおいしくいれる最高の抽出方式といわれる「ネルドリップ」を追求し、独自のネルドリップマシンを作りました。

Logo

上島珈琲店のロゴ

「上島珈琲店」のロゴは、それ自体でお店のアイデンティティを表しています。
漢字ロゴは“原点に立ち戻る”という姿勢を反映し、UCCの創業者である上島忠雄の自筆書体を進化させたオリジナルロゴで、力強さと老舗の雰囲気を表しています。
また、「コーヒーがもたらす豊かな瞬間(ひととき) PRECIOUS COFFEE MOMENTS」を味わっていただきたいという気持ちを込め、1933年神戸から始まった変わらぬ価値観を伝えています。
シンボルマークは、UCCの原点に立ち返るという思いから漢字を使用し、喫茶文化の要素であるマッチ箱などにみられるレトロなシンボルをモダンにアレンジしました。ワンポイントカラーである赤は、珈琲の実。また、UCCのDNAを表現する赤でもあります。

PAGE TOP